アダルトVR入門

スマホ型VRゴーグルの選び方【アダルトVRにおすすめのTOP3】

スマホVR ゴーグルの選び方とおすすめ

この記事はこんな方におすすめ

  • VRAVを始めたいけどスマホ型VRゴーグルはどれも同じ?
  • 少しでも満足度の高いスマホ型VRゴーグルがあるなら知りたいな。

お手軽にVR体験ができるスマホ型VRゴーグルですが、実はハズレ商品が多く選び方を間違えるとまったく使い物になりません。

ひどいゴーグルだと2重にみえてピントが合わなかったり、気分の悪くなるものもあります。

そこで今回は、VR入門者がスマホ型VRゴーグルで失敗しないように、AV用VRゴーグルを選ぶポイントとおすすめゴーグルを紹介します。

スマホ型VRとは【特徴やメリット・デメリットを紹介】

スマホ型VRとは、専用のVRゴーグルにスマホをセットするだけで簡単にVRを楽しめます。

価格帯もスタンドアロン型やPC接続型にくらべて圧倒的に安いので、スマホさえあれば誰でも気軽に試すことができます。

スマホ型VRゴーグルの相場は2~3千円ほどです。

スマホ型VRのメリット・デメリットについても紹介しておきます。

メリット

  • 圧倒的に安い
  • 視聴前の事前準備がほぼ不要
  • 余計なケーブルがなくオナニーの邪魔にならない

スマホ型VRゴーグルの一番の魅力といえば、他のVRゴーグルに比べて圧倒的に安いことだと思います。

他のVRゴーグルであれば数万円~数十万円かかりますが、スマホ型であれば数千円始めることができます。

また、余計なケーブル類もないので視聴中に動きやすくオナニーに集中できます。

デメリット

  • 見え方はスタンドアロンやPC接続型よりも劣る
  • 操作性はあまり良くない。
  • 基本的に映像中心でVRゲームは非対応

スマホ型VRは簡易な作りのため他のゴーグルに比べるとVRの見え方や操作性は劣ります。

またスマホVRは映像が基本となるのでVRエロゲーは対象外です。

スマホVRは画質が悪いと思っている人もいますが、画質は使用するスマホ次第です。

AV用スマホ型VRゴーグルの選び方【失敗しない5つのポイント】

スマホ型VRゴーグルは作りが簡単な分、ポイントをおさえておかないとハズレ商品を引く可能性が非常に高いです。

ハズレ商品をひかないために最低限おさえておきたい5つのポイントを紹介します。

スマホ用VRゴーグルの選び方

  • スマホのサイズに対応
  • スマホをしっかりと固定できる
  • 瞳孔間距離の調整ができる
  • 左右独立ピント調整機能付き
  • かなり視力が悪い方はメガネ対応
  • Bluetoothリモコン附属タイプだと便利

①スマホのサイズに対応

スマホ用ゴーグル

スマホ用ゴーグルは前面にスマホを収納する必要があります。

そのためスマホが大きすぎると収納できない場合があるので、持っているスマホとゴーグルの適合サイズが合っているかを確認しましょう。

②スマホをしっかりと固定できる

スマホ用VRゴーグルによっては、手でスマホをおさえないとズレてしまうものがあります。

アダルトVRを見るときに両手が塞がってしまうと何もできませんし、スマホの固定が弱くて体勢を変えるたびにスマホがズレてしまうとアダルトVR体験が台無しです。

アダルトVRが目的であれば、必ずスマホを固定できるタイプを選びましょう!

③瞳孔間距離の調整ができる

瞳孔間距離とは簡単にいうと右目と左目の距離のことです。

右目と左目が近かったり、遠かったりは人それぞれ違いますよね。

瞳孔間距離とレンズが合わない場合は映像が見づらいだけではなく、気分が悪くなったり目の疲れが現れやすくなります。

アダルトVRを長時間快適に楽しむためにも、瞳孔間距離の調整ができるゴーグルを選びましょう!

④左右独立ピント調整機能付き

視力は人それぞれ違いますが、ピント調整機能がついているタイプであれば、あなたの視力に合わせてピントを調整できます。

ただ、ピント調整機能がついていても、左右の視力に差がある場合は、左右それぞれでピント調整できるものが便利です。

ピント調整機能がついていれば、メガネやコンタクトをつけている場合でも、裸眼でVRを楽しむことができます。

⑤かなり視力が悪い方はメガネ対応タイプを選ぶ

ピント調整機能の範囲をこえるほど視力の悪い方はメガネ対応タイプのゴーグルを選びましょう。

ちなみに僕は裸眼で両目0.3ですが、ピント調整機能を使って裸眼でVRを楽しめています。

個人差がある部分ですので、不安な場合はメガネ対応タイプを選んでおけば間違いありません。

おまけ:Bluetootリモコンがあると便利

ゴーグルやアプリによっては、動画の再生・停止・早送り・音量の調整などをおこなうときに、ゴーグルからスマホを取り出さないと操作できないときがあります。

Bluetoothリモコンがあると、ある程度の操作をスマホを取り外さなくてもできるので、あると便利です。

メモ

Bluetoothリモコン附属のゴーグルもありますが、別売りで単品購入(1千円~2千円)もできます。

スマホ型VRの安いゴーグルと高いゴーグルの違いは?

スマホ型VRゴーグルは安価が売りではありますが、高いものだと1万円を超える商品もあります。

では一体、安いゴーグルと高いゴーグルは何がちがうのでしょうか?

結論としては、大きな違いはありません。

安いものと高いゴーグルの違い

  • デザイン性の良さ
  • 一部の部品を洗えたりと衛生面が良い
  • スマホをしっかりと固定できる

高いゴーグルになると、部品の一部を外して洗い流せるものもあるので衛生面が少し良いです。

またスマホをしっかりと固定できるので、視聴中にズレたりする心配はありませんが、正直3千円くらいのゴーグルでもしっかりと固定はできます。

高いゴーグルは画質がキレイだったり、VRの満足度が上がると思われている方がいますが、それはほとんど関係ありません。

なぜならスマホ型VRの画質の良し悪しはスマホに依存するからです。

スマホVRゴーグルは3千円前後のものでOKです。

AV用スマホ型ゴーグルのおすすめメーカーは「エレコム」

スマホ型VRゴーグルは国産メーカー以外に中国メーカーなどもたくさん出店しています。

その中でも特に安心して利用できるのはエレコム社のVRゴーグルです。

エレコム社のVRゴーグルは非球面光学レンズを搭載しており、歪みのないきれいな映像を楽しむことができます。

リーズナブルな価格かつ商品数も多いので、スマホ型VRで少しでも見え方にこだわりたい人は要チェックです。

エレコムのVRゴーグル

  • ゆがみのない自然でキレイな映像を楽しめる
  • 値段も2~3千円とリーズナブルで商品数も多い

AV用スマホ型VRゴーグルのおすすめランキングTOP3

ここでは実際に僕が試してよかったスマホ用VRゴーグルを3つ紹介します。

VRゴーグルがないと何も始まらないので、このまま一気に購入まですすめてしまいましょう!

①エレコム VRG-XEHR01BK

対応しているスマホサイズ 4.8~7.0インチ
スマホ固定
左右独立ピント調整・瞳孔間距離調整
リモコン 〇iphone/Android※端末やアプリによっては一部のボタンが機能しない場合があります。
メガネ対応

こちらのゴーグルはヘッドフォン附属なので、イヤホンの準備も必要なくスマホをセットするだけですぐにVR体験を楽しめます。

エレコム社の商品でリモコンも附属しているので使い勝手が良いゴーグルです。

価格は変動しますが、3,500円ほどで購入できますよ!

ヘッドフォンが附属している人が良い人はこちらのゴーグルを選べばOKです!

②エレコム VRG-M02RBK

対応しているスマホサイズ 4.8~7.0インチ
スマホ固定
左右独立ピント調整・瞳孔間距離調整
リモコン 〇iphone/Android※端末やアプリによっては一部のボタンが機能しない場合があります。
メガネ対応

こちらはエレコムのDMMのVR動画推奨ゴーグルです。

FANZAのVR動画に適したゴーグルなので、VRのAVを楽しむのにおすすめですよ!

こちらのゴーグルも3,500円ほどで購入できます。

持っているイヤフォンを使用したい方はこちらを購入すればOKです!

③エレコム VRG-M01RBK

対応しているスマホサイズ 4.0~6.5インチ
スマホ固定
左右独立ピント調整・瞳孔間距離調整
リモコン 〇※iOS専用
メガネ対応

先ほどの2つのゴーグルの対応サイズが4.8~7.0だったのに対して、こちらの商品は4.0~6.5と小型のスマホにも対応しています。

また、DMM VR動画プレイヤーアプリ専用設計のBluetoothリモコン(iPhoneなどのiOS専用)がついているので、FANZAでVR動画を視聴する方にとってはかなり便利なリモコンです。

価格も約3,000円とお手頃の人気商品です。

AV用スマホ型VRゴーグルのQ&A

ここではスマホVRゴーグルによくある質問と回答をまとめましたので、よければご覧ください。

100均のVRゴーグルはどうですか?

100均でも紙製の簡易的なスマホ用ゴーグルを見かけますが、アダルトVR動画の視聴にはおすすめしません。

理由としては、100均で売っているスマホ用ゴーグルはピント調整機能がついていなかったり、スマホをしっかりと固定できないものが多いのでアダルトVR動画の視聴には向いていません。

ダイソーのVRゴーグルはどうですか?

ダイソーでは紙製の快適なVRゴーグル以外に、500円のゴーグルが販売されていますね。

ピント調整をしてもうまくピントが合わないという口コミやレビューを多くみかけますので、おすすめはしません。

高画質のスマホ用VRゴーグルはありますか?

「高画質のレンズを搭載したスマホ用ゴーグル!」と書かれている商品はありますが、正直あまり変わりません。

基本的にスマホVRの画質はスマホと動画自体の画質の良さで決まります。

スマホVRゴーグルの見え方はどんな感じ?

他のVRゴーグルが限りなくリアルの視界に近いのに対して、スマホ型VRゴーグルは若干視野が狭いです。

ただ、VR独特のリアルな体験は経験できるので試してみる価値は十分にあります。

スマホ型VRの見え方については「スマホ用VRゴーグルはしょぼい?VRAVの見え方はどんな感じ?」で紹介しています。

AV用スマホ型VRゴーグルの選び方まとめ

今回はスマホ型VRについて選び方から注意点、おすすめのゴーグルまで紹介しました。

スマホ型VRは安価なぶん作りが簡易的なので選び方を失敗するとハズレ商品を引く可能性がたかいです。

今回紹介したポイントを押さえておくとハズレを引く可能性はグッと低くなるので、是非参考にしてください。

AV用VRゴーグルの選び方が分かれば、次はおすすめ動画配信サイトを選びましょう!

アダルトVRについて、ゼロからおすすめの環境まで丁寧に知りたい場合は「【エロ革命】アダルトVRの特徴や必要なもの、おすすめの環境を紹介」で紹介しているので是非ご覧ください。

アダルトVRの特徴や必要なもの、おすすめの環境を紹介
参考【エロ革命】アダルトVRの特徴や必要なもの、無料にする方法も紹介

続きを見る

期間限定キャンペーン中!

-アダルトVR入門